熊本 合志 菊陽 体質改善ダイエット│障害予防サロンLaef(リーフ)

障害予防サロンリーフロゴ

障害予防サロンリーフ営業時間

健康的なダイエットには糖質制限が欠かせない:熊本 合志 ダイエット

 

ダイエット(減量)を成功させる上で、食事制限は欠かせないものです。どのようなダイエット(減量)理論においても、食事に関して指導を行わないところはありません。

 

ただ、多くのダイエット(減量)理論は、カロリーを元に作られています。具体的には、「食事から摂取したカロリーと運動などによって消費したカロリーの総和がプラスであれば、その分が体の脂肪として蓄積される」というものです。

 

こうしたカロリー理論を元にして食事制限を作っているところでは、1g辺りのカロリー数が高い脂質の摂取量を減らすように指導されます。

 

しかし実際の体では、そのようなカロリーの総和によって中性脂肪の蓄積が決まっているわけではありません。体に蓄積する脂肪をコントロールしているのは、カロリーではなくホルモンです。そして、ホルモンコントロールが適切に行われるためには、糖質制限が欠かせません。

 

また、糖質によって起こる血液中の糖分量(血糖値)の上昇は、さまざまな健康被害を引き起こします。そのため、健康的に痩せるためには糖質制限が欠かせないといえます。

 

そこで今回は、「健康的なダイエットに糖質制限が欠かせない理由」について解説します。

 

脂肪蓄積と糖質の関係性:熊本 ダイエット

ダイエット(減量)を行う上で、体のメカニズムについて理解しておくことは大切です。特にダイエット(減量)では、「体に中性脂肪がつく仕組み」を知っておくことが欠かせません。
そうした体のメカニズムを理解しておくことで、より効率的にダイエット(減量)を行うことができるようになります。

 

また、体に脂肪がつくメカニズムは、一般的に知られているようなカロリーの総和では説明できません。実際の体における脂肪蓄積は、ホルモンによってコントロールされています。

 

そして、体に脂肪を蓄積する作用がある代表的なホルモンが「インスリン」です。

 

インスリンは、膵臓(すいぞう)から分泌されるホルモンであり、血糖値を下げる働きがあることで有名です。糖尿病などでインスリンの合成が悪くなっている人は、注射でインスリンを補充することで、血糖値を調整しています。

 

こうしたインスリンは、血糖値だけでなく中性脂肪の蓄積に関係しています。

 

具体的には、血液中の余剰な糖分を中性脂肪として細胞内に蓄積します。また、細胞に溜まった脂肪が分解(燃焼)される反応を抑制します。つまり、インスリンは「体に脂肪を溜め込むホルモン」だといえます。

 

そして、インスリンの分泌を促す主な要因は血糖値の上昇です。血糖値は、食事によって栄養を摂取することで高くなります。

 

ただ、栄養素の中でも血糖値を上げる作用があるのは糖質のみです。そのため、糖質が多く含まれるご飯やパン、甘いお菓子などは、血糖値を上昇させてインスリンの分泌を促進する食品だといえます。

 

つまり、糖質の摂取は、体へ中性脂肪蓄積を促進させる大きな原因であるといえます。

 

このように、糖質にはインスリンを介して体への脂肪蓄積を促進する作用があることを理解しておく必要があります。こうした理由からも、ダイエット(減量)に糖質制限は欠かせないといえます。

 

糖質の弊害:熊本 ダイエット

ダイエット(減量)を行う上で、脂肪蓄積に関係している糖質を制限することは欠かせません。糖質の摂取を抑えて血糖値をコントロールすることで、ダイエット(減量)に成功することができます。

 

また、糖質による血糖値の上昇は、脂肪の蓄積だけではなく多くの健康被害を引き起こすことにつながります。

 

糖質の具体的な体への悪影響には、「血糖値の上昇」と「インスリンの過剰分泌」の2つがあります。以下に、この2つの現象が体に及ぼす影響について解説します。

 

 ・高血糖の害
糖質を過剰に摂取すると、血糖値が上昇することになります。血糖値が高くなると、身体内では「糖化(グリケーション)」という現象が起こります。

 

糖化とは、血液中の余剰な糖分がタンパク質と結びつく反応をいいます。

 

高血糖状態となり糖化反応が起こると、血管のタンパク質に糖が結合することになります。そして、糖化した血管は「動脈硬化」を引き起こします。

 

動脈硬化が起こると、障害された血管から血液が送られる筋肉や内臓といった細胞の活動が阻害されることになります。そして、こうした糖化による動脈硬化は全身の血管に生じることになり、全身の細胞に悪影響を与えます。

 

動脈硬化による悪影響は、脳梗塞や心筋梗塞といった命に関わるような病気から、「倦怠感」や「集中力の低下」といった、ちょっとした体の不調にまで関係しています。

 

さらに高血糖状態は、体に「酸化ストレス」を発生させます。酸化ストレスとは、簡単にいうと細胞の老化を早める「酸化反応」を強めるものです。

 

高血糖になると、それ自体が酸化ストレスを強めることになります。また、高血糖状態では「活性酸素」の合成も高くなります。こうした活性酸素の大量発生も、酸化ストレスを起こすことにつながります。

 

そして、酸化ストレスは糖化と同じように動脈硬化を引き起こし、さまざまな体の不調につながります

 

このように、高血糖状態になると、肥満だけでなく動脈硬化を発症しやすくなり、結果的に多くの不調を引き起こす原因となります。

 

 ・インスリン過剰分泌の害
高血糖状態になると、血糖値を正常範囲内に戻すためにインスリンが多く分泌されます。そして、ある程度の血糖値上昇であれば、血糖値を下げるために大量のインスリンを必要としません。

 

ただ、大量の糖質を摂取したり、常に糖質を摂ったりしているような状態では、一気に血糖値が高くなるため、血糖値を抑えるために大量のインスリンが分泌されます。

 

その結果、血糖値が急激に上がり下がりすることになります。そして、インスリンが大量に分泌されることで、「一気に高くなった血糖値が、インスリンの作用によって逆に下がりすぎてしまう」という現象が起こります。

 

こうした状態を、「反応性低血糖症」といいます。

 

また、このように低血糖の状態になると、今度は血糖値を上げて正常範囲に戻そうとする反応が起こります。そのときには、腎臓の上に位置する「副腎(ふくじん)」と呼ばれる器官から、血糖値を上昇させる「アドレナリン」というホルモンが分泌されます。

 

アドレナリンの作用によって、下がりすぎた血糖値を正常値まで上げます。そうすることで、低血糖状態を避けることができます。

 

ただ、このような「糖質摂取 → 血糖値上昇 → 大量のインスリン分泌 → 反応性低血糖 → アドレナリン分泌」という反応が日常的に行われていると、アドレナリンを合成する副腎が疲労を起こして、アドレナリンを作ることができなくなります。

 

こうした状態は、「副腎疲労症候群」と呼ばれます。

 

そして、副腎疲労症候群になると、体には以下のような症状が出現します。

 

 ・倦怠感
 ・気分の落ち込み
 ・立ちくらみ
 ・月経前症候群
 ・慢性疲労
 ・花粉症、アレルギー
 ・感情の不安定性

 

このように、糖質を過剰に摂取していると、さまざまな不調の原因となる副腎疲労症候群を引き起こすことになります。こうしたことを避けるためにも、日ごろから糖質の摂取は控えるべきだといえます。

 

今回述べたように、ダイエット(減量)を行うために、糖質を制限することでホルモン分泌をコントロールすることは欠かせません。また、糖質を摂りすぎることで、「動脈硬化」や「副腎疲労症候群」という、さまざまな健康被害の原因となる病気を引き起こすことになります。

 

こうした理由から、健康的なダイエット(減量)のためには糖質制限が欠かせないといえます。

 

体質改善専門整体の障害予防サロンLeafでは、こうした考えを元に、皆さんのダイエットをサポートしています。熊本や合志、菊陽でダイエットについてお悩みがある方は、まずは気軽にメールや電話からご相談ください。

 

熊本・合志体質改善ダイエットサロンLeaf

住所 〒861-1112 熊本県合志市幾久富1909-1844
電話番号 080-2692-4397

障害予防サロンリーフ電話

障害予防サロンリーフメール