熊本 合志 菊陽 体質改善ダイエット│障害予防サロンLaef(リーフ)

障害予防サロンリーフロゴ

障害予防サロンリーフ営業時間

ダイエットにハードな運動が必要ない理由:熊本 合志 ダイエット

 

ダイエット(減量)を行う際には、食事制限と運動指導が定番になっています。むしろ、この2つを行わないダイエット方法はないといっても過言ではありません。

 

私もダイエットの際には、食事と運動に関することを必ず指導します。ただ、私が提唱するダイエット方法では、一般的に行われているようなカロリー制限や、パーソナルトレーニングで行われるようなハードな運動は行いません。

 

特に、ダイエットジムなどではパーソナルトレーニングでハードな運動によってカロリー消費を促すことを行われていますが、そうしたカロリー消費を目的としたハードな運動は必要ないと考えています。

 

ダイエットに必要な運動は、カロリー消費のための運動ではなく、ホルモンコントロールを目的としたものです。そして、ホルモンコントロールを適切なものにするためには、ハードな運動は必要ありません。

 

そこで今回は、「ダイエットにパーソナルトレーニングなどによる運動が不必要である理由」について解説します。

 

ダイエットに関わる脂肪のコントロールはホルモンが行っている:熊本 ダイエット

ダイエットを行う上で、体につく脂肪をコントロールすることは非常に重要です。過剰に脂肪が溜まると、肥満となってしまいます。

 

そして、多くの人は体に脂肪が溜まる原因を「余剰なカロリー」だと考えています。食品から摂取したカロリーと、運動によって消費したカロリーの総和がプラスになると、その分が脂肪として蓄積されるという考え方です。

 

しかし実際には、人の体における脂肪蓄積のメカニズムは、カロリーの総和では説明することはできません。

 

人の体に脂肪が蓄積するのは、ホルモン」によってコントロールされています。簡単に説明すると、脂肪の蓄積を促す「インスリン」というホルモンと、脂肪の分解を促進する「レプチン」というホルモンが相互に作用することで、体の脂肪量を調整しています。

 

健康であれば、この2つのホルモンが適切に作用するため、肥満になることはありません。

 

ただ、寝不足や食べ過ぎ、ストレスなどによってホルモンバランスが崩れると、インスリンが過剰に分泌されたり、レプチンの分泌が少なくなったりして肥満となります

 

このように、人の体における脂肪蓄積のコントロールは、カロリーではなくホルモンによって行われています。

 

ホルモンの分泌は自律神経が調整している:熊本 ダイエット

ダイエットを成功させるための秘訣は、ホルモンコントロールを適切に行えるようにすることです。

 

そして、ホルモンの調整は、主に「自律神経」によって行われています。自律神経とは、無意識下で心臓や胃腸、血管などの運動をコントロールする神経です。インスリンやレプチンといったダイエットに関係するホルモンの調整にも、この自律神経が大きく関係しています。

 

自律神経には、興奮時に働く「交感神経」と、リラックス時に働く「副交感神経」の2つがあります。基本的には、この2つの神経がお互いに協調して働くことで、体の健康を維持しています。

 

交感神経と副交感神経のバランスが整っていれば、ホルモンの分泌も適切に行われることになります。

 

つまり、自律神経のバランスを整えることで、インスリンとレプチンの分泌が適切に行われるようになるため、ダイエットに成功することができます

 

このように、ダイエットを成功させるためには、自律神経のバランスを整えることが重要になります。

 

ダイエットに必要なのは自律神経を整える運動:熊本 ダイエット

ダイエットを成功させるためには、ホルモンコントロールを良好にするために、自律神経が適切に働いていることがポイントになります。

 

そして、自律神経を適切に働かせるためには、「有酸素運動」が有効です。

 

運動には、「無酸素運動」と「有酸素運動」の2つがあります。この2つは、「運動を継続するために酸素が必要かどうか?」という点に違いがあります。

 

簡単に言うと、ハードな筋トレや短距離走など、息がすぐに上がって短時間しか継続できない運動は無酸素運動です。一方で、ウォーキングやジョギングといったように、少しずつ息が弾んできて長時間続けることができるような運動は有酸素運動になります。

 

多くのダイエットジムでは、カロリー消費や筋肉量アップを目的に無酸素運動が行われます。

 

しかし、そもそもダイエットに必要なことはカロリー消費ではありませんし、無酸素運動では効率的に筋肉量を高めることはできません。

 

ダイエットに必要な、ホルモンコントロールや筋肉量アップを効率的に行えるのは有酸素運動です。有酸素運動を行うことで、自律神経が適切に働くようになるため、ホルモンの分泌も適切に行われるようになります。その結果、筋肉もつきやすい体を作ることができます。

 

このような理由から、ダイエットを行う際には、ハードな運動は必要なく、長く続けることができる有酸素運動を行うことが大切だといえます。

 

今回述べたように、ダイエットを成功させるために必要な運動は、ハードな無酸素運動ではなく有酸素運動です。有酸素運動を行うことによって、ホルモンコントロールが適切になり、太りにくく筋肉がつきやすい体を作ることができます。

 

体質改善専門整体の障害予防サロンLeafでは、こうした考えを元に、皆さんのダイエットをサポートしています。熊本や合志、菊陽でダイエットについてお悩みがある方は、まずは気軽にメールや電話からご相談ください。

 

熊本・合志体質改善ダイエットサロンLeaf

住所 〒861-1112 熊本県合志市幾久富1909-1844
電話番号 080-2692-4397

障害予防サロンリーフ電話

障害予防サロンリーフメール