熊本 合志 菊陽 体質改善ダイエット│障害予防サロンLaef(リーフ)

もうダイエットはこれで最後にしませんか?

Leaf 電話 0962882579

なぜダイエットに筋トレが必要ないのか?筋トレが要らない3つの理由

ダイエット筋トレ要らない

 

「痩せるために筋トレしなきゃ……」と考えて、筋トレを頑張っていないでしょうか?

 

確かに、筋トレをすると体が締まってスタイルが良くなります。ただ、「筋トレをしなければ痩せない、体重が維持できない」という状態は避けるべきです。

 

基本的に、痩せるために筋トレは必要ありません。その理屈を理解していれば、「筋トレをしなければいけない」という強迫観念にかられることがなくなります。

 

そこで今回は、「なぜダイエットに筋トレが必要ないのか?」について解説します。

 

ダイエットに筋トレが必要ない3つの理由

 

1.痩せないのは筋肉量ではなく食欲の問題
・筋肉量が少なくても食欲が調整されていれば太らない
・筋肉量が多くても食欲が調整されていなければ太る

 

2.筋トレでつけた筋肉は筋トレを止めると落ちる
・筋トレ中には食欲が強まるが、筋トレを止めても食欲がおちつかない
・筋トレ後は、筋肉がおちて代謝が下がるのに食欲はおさまらない
・筋トレ後にはリバウンドする可能性が高い

 

3.筋肉が使えていない可能性が高い
・筋肉が使えていないのに筋トレすると、効果が低い上に怪我する可能性が高い

 

痩せないのは筋肉量の問題ではない

大前提として、あなたが痩せられないのは筋肉がないからではありません。

 

一般的には、「筋肉がないと痩せない」と考えられています。確かに、筋肉量が多いほうが代謝が高くなるため、痩せやすくはなります。

 

ただ、「痩せている人はみんな筋肉量が多いか」というと、そうではありませんよね?

 

これは、痩せられるかどうかが筋肉量によって決まらないためです。

 

筋肉が多ければ代謝が上がるのか?

筋肉量が多ければ、筋肉が増えた分だけエネルギーが使われるようになるため、代謝は高くなります。

 

筋肉が増えれば代謝は上がる

そして代謝が高くなれば、食べた物を処理したり、脂肪が燃焼されたりしやすくなります。つまり、食べても脂肪に変わりにくくなりますし、既に付いている脂肪が落ちやすくなるのです。

 

ただ、代謝が高くなれば、その分だけどんどん痩せていくかというと、そうではありません。

 

代謝が上がると食欲が増す

代謝が高くなると、その分だけ食欲が強くなって食べるようになります。代謝が高くなったのに食べなければ、エネルギー不足になってしまうためです。

 

エネルギー不足になると、さまざまな不調が起こるようになります。そうした事態を防ぐために、体が勝手に食欲を調整するのです。そして、食欲に従って食べた結果、エネルギー不足を防げるようになります。

代謝が上がった分食べる

当然、代謝が上がっても、その分だけ食べれば痩せません。

 

このように、代謝が上がったときには、エネルギー不足とならないように食欲が増すのです。

 

痩せないのは食欲の問題

それでは、痩せる人と痩せない人の違いはどこにあるのでしょうか? それは、「食欲が上手くコントロールされているか?」という点にあります。

 

太らない人は、筋肉や代謝がどのような状態であっても、体が処理できる分しか食べません。

 

例えば、1日に2000キロカロリーまでであれば、運動しなくても処理できる(太らない)状態だとします。そうなると、2000キロカロリーを超えるくらい食べると、食欲が落ちてそれ以上食べられなくなるのです。

処理できる以上は食べない

逆に太る人は、2000キロカロリーまでしか処理できないのに、2000キロカロリーを超えても食欲がおさまりません。

 

処理できる以上に食べてしまう

 

その結果、食べ過ぎて太ってしまいます。

 

つまり、太るか太らないかは、代謝の高さによるのではなく「代謝に合わせて食欲が調整されているか?」によって決まるのです。代謝が高くても、それ以上に食べてしまえば太るのは想像できると思います。

 

こうしたことから、「痩せないのは筋肉量が少ないからではない」といえます。

 

筋トレを止めると筋肉が落ちてリバウンドする

また、痩せるために頑張ってつけた筋肉は、筋トレを止めるとなくなります。

 

このとき、筋肉量が減るのに伴って、食欲もおさまれば体重が増えることはありません。ただ、筋肉が増えたときに高まった食欲が落ち着かなければ、筋トレを止めた後にリバウンドするのです。

 

筋トレを止めると筋肉は落ちる

当然ですが、筋トレを止めると、筋トレでつけた筋肉は落ちます。体にとって、必要以上の筋肉は負担になるため、生活で使わない筋肉は無くなっていくのです。

 

あなたは「筋肉が多いことは体にとって良い」と考えていないでしょうか? しかし実際には、筋肉が多いことにもデメリットがあります

 

例えば、筋肉が増えると、その分だけ消費されるエネルギー量は多くなります。つまり、無駄にエネルギーが消費されて、エネルギー不足になりやすくなるのです。

 

そのため、体は普段の生活で必要な筋肉だけを残すようになっています。

 

筋トレをしているときは、常に筋肉を使っているため、筋肉量は維持されます。ただ、筋トレを止めると、筋肉がある必要性がなくなるため、筋トレでつけた余計な筋肉はみるみるうちに落ちてしまうのです。

必要ない筋肉はなくなる

このように、筋トレでつけた筋肉は筋トレを止めるとすぐになくなります。

 

筋肉が落ちても食欲が落ち着かない

筋トレをして代謝が高まると、食欲が強くなりますが、ある程度の量を食べても太りません。そのため、筋トレをしているときは、自然と食べる量が多くなります。そして、筋トレを止めた後に、筋肉が少なくなるのに伴って食欲も弱くなれば、太りません。

 

しかし、ほとんどの場合は、筋肉が落ちたあとも食欲がおさまりません。

代謝は落ちるが食欲がおさまらない

その結果、筋トレを止めて代謝が下がっているのに、筋トレしているときと同じ位食べてしまうのです。

筋トレを止めた後はリバウンドしやすい

当然、筋トレ中は太らない食事量であっても、筋肉が落ちた後に同じくらい食べ続けると太ります。これが、筋トレによるダイエットを行った後にリバウンドする仕組みです。

 

筋トレ リバウンド

そうはいっても、既に述べたように、筋トレを止めた後に代謝が落ちても食欲が自然と落ち着くのであれば、リバウンドはしません。そのため、食欲コントロールができている状態で筋トレをすればリバウンドは起こりにくいでしょう。

 

ただほとんどの場合は、食欲コントロールができていない状態で筋トレをするため、リバウンドすることになるのです。

 

このように、筋トレによるダイエット後はリバウンドする可能性が非常に高いのです。

 

筋肉を使えていない

また、筋トレをするのであれば、「今ある筋肉を最大限に使えている」ということが前提条件になります。筋肉があるのに力が出にくくなっている状態で筋トレをしても、筋肉量は増えにくいためです。

 

しかし、ほとんどの人は筋肉を使えていないまま筋トレを頑張ろうとします。

 

筋トレをするのであれば、まずは「今ある筋肉を最大限に使えているのか?」ということを考えなければいけないのです。

 

筋肉量と筋出力とは?

通常、健康的な状態であれば、筋肉量が多いほど力(筋出力)は強くなります。

 

例えば、筋肉量が100のときに100の力を発揮できるのであれば、筋肉量が200になれば筋出力も200になります。

筋肉量が多いほど筋出力も高くなる

こうした状態は、「筋肉量に見合った筋出力が発揮できている」といえます。

 

その一方で、筋肉量に見合った筋出力が発揮できていないと、以下のような状態になります。

 

筋肉量に見合った力が発揮できない

 

例えば、
「筋肉量が100あれば筋出力も100あるのが普通なのに、80の力しか発揮できない」
「筋肉量が増えれば、増えた分だけ筋出力も上がるはずなのにそうならない」

 

といった状況になります。

 

「こんなことあるの?」と感じるかもしれません。ただ、ダイエットをしている人のほとんどは「筋肉量に見合った筋出力が発揮できていない」というのが現状です。

 

筋トレをするときには、こうした筋肉量と筋出力の関係性について頭に入れておくことが重要になります。

 

筋出力に問題があると筋トレは無意味

筋肉量に見合った筋出力が発揮できていない状態であれば、筋トレをしても無意味です。

 

筋トレの効果は十分な負荷をかけることで得られます。ただ、筋肉量分の力が出せていない状況だと、十分な負荷をかけることはできません。

筋肉量が増えない

しかも、こうした状態で無理して筋トレをすると、筋肉が増えないだけでなく怪我をしてしまう可能性が高いのです。

 

筋トレすると怪我する

このように、筋肉量に見合った筋出力が発揮できていない状態で筋トレをすると、無意味どころか怪我につながってしまうことになります。

 

筋肉量に見合った筋出力を目指す

ダイエットのために効率的に筋トレをしたいのであれば、筋トレによって筋肉を増やすよりも、まずは筋肉量に見合った筋出力を目指すことが重要です。

 

「じゃあ、筋肉量に見合った筋出力を発揮するためにはどうしたらいいの?」と思ったはずです。それは、「自律神経を整える」ということになります。

 

力が発揮しづらくなるのは、自律神経が乱れて背骨が硬くなった結果として起こる現象です。つまり、「自律神経の乱れ → 背骨の柔軟性低下 → 筋出力低下」という過程で力が発揮しずらくなるのです。

 

そのため、自律神経を整えることが、筋トレによって安全に筋肉量を増やすための大前提だといえます。

 

ただ、既に述べたように、ダイエットをしている人のほとんどは自律神経が乱れています。このことも、ダイエットに筋トレが必要ないという理由の一つになります。

 

健康体重以上に絞る場合は筋トレも有効

ここまで述べたように、痩せるために筋トレは必要ありません。ただ、健康体重以上に絞りたい場合には、筋トレも有効です。

 

健康体重以下を目指すためには無理が必要

食欲がコントロールされていれば、健康的な体重までは自然と落ちます。ここでいう健康体重とは、BMI(Body mass index)でいうと20~22を指します。
*BMI = 体重(kg) ÷ 「身長(m) × 身長(m)」

 

ただ、女性が目指す理想的な体型は、BMIが18~19である場合がほとんどです。

 

正直なところ、BMIが20を下回るのは体への負担が大きくなっているため、あまりおススメはしません。そのBMIになって維持するためには、少し無理する必要があります。

 

このときに、筋トレが有効になるのです。

 

自律神経が整っていることが前提

しかしここまで述べたように、食欲コントロールができていない状態で筋トレをすると、筋トレを止めた後にリバウンドします。そして、食欲をコントロールしているのは自律神経です。

 

また自律神経が乱れていると、力が発揮されずらくなるため、筋トレの効果が得られにくいです。

 

そのため、もし筋トレをして健康体重以上に絞るのであれば「自律神経が整っている」ということが前提になります。

 

食欲・自律神経が整っている

ほとんどの人が、運動によって痩せた後にリバウンドするのは、こうした「自律神経が整っている」という前提を無視して無理やり筋トレで痩せるためです。

 

そうならないようにするためにも、筋トレをする前に自律神経を整えるようにしましょう。

 

今回述べたように、基本的にダイエットに筋トレは必要ありませんが、健康体重以上に痩せるために筋トレは有効です。ただ、筋トレをするのであれば「自律神経が整っている」ということが前提になります。

 

自律神経が整っていない状態で筋トレをしてダイエットをすると、リバウンドしたり、怪我したりすることにつながるため注意してください。


Leafのダイエットプログラム詳細

熊本ダイエットプログラム

熊本ダイエットプログラム

今すぐの問い合わせはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

熊本ダイエット相談

*HPからの申し込みであれば、通常6,000円のダイエット相談が無料です

ラインでも問い合わせ受け付けています

kumamoto diet

体質改善ダイエットサロンLeaf
住所 〒861-1112 熊本県合志市幾久富1909-1844(光の森)
最寄駅 光の森駅、武蔵塚駅、三里木駅
電話番号 096-288-2579
この記事をシェアする
Facebook Google+

予約状況を確認する

トップへ戻る