熊本 合志 菊陽 体質改善ダイエット│障害予防サロンLaef(リーフ)

もうダイエットはこれで最後にしませんか?

Leaf 電話 0962882579

悪いのはカロリー?カロリーオーバーで太るの真実

熊本カロリーオーバー太る

 

「カロリーオーバーだと太る」と聞いて、あなたは「そりゃそうだよね」と考えるでしょうか?

 

確かに、食べ過ぎてカロリーオーバーになると太ります。ただ、だからといってカロリーが悪いのかというと、そうではありません。

 

「カロリーオーバーだと太る」という言葉の裏側には、「カロリーオーバーになるまで食欲が抑えられない」「食べ過ぎた分だけ代謝が調整されない」という2つの真実が隠されているのです。

 

つまり、カロリーが悪いのではなく、摂取カロリーと消費カロリーを調整できない体に問題があるということです。

 

そこで今回は、「カロリーオーバーで太る」という言葉の真実について解説します。

 

カロリーとは?

カロリーとは、簡単にいうと「エネルギーの単位」です。

 

人間の体は、エネルギーがなければ動きません。筋肉はもちろんのこと、脳や内臓なども活動するためにはエネルギーが必要不可欠です。

 

そうした人間の原動力となるエネルギーが「どれくらい含まれているか?」ということを表すのがカロリーになります。

 

摂取カロリーと消費カロリー

カロリーは、「摂取カロリー」と「消費カロリー」の2つに分類されます。

 

摂取カロリーとは、「食品からどれくらいカロリーを体内に取り入れたか?」を表す数値です。それに対して消費カロリーは、運動などによって脂肪などを分解して作り出されたカロリー量になります。

摂取カロリーと消費カロリーとは

一般的には、こうした摂取カロリーと消費カロリーによって体重の増減が調整されると考えられています。

 

カロリーによる体重調整

カロリーオーバー(カロリーの摂り過ぎ)が太るというのは、誰もが納得することだと思います。簡単にいうと、「食べ過ぎると体重が増える」ということです。

 

一般的に、「摂取カロリーと消費カロリーによって、体重の増減は計算できる」と考えられています。

 

例えば、1日に2000キロカロリー摂取したとします。この日に、運動などを頑張って2500キロカロリー消費すれば、差し引き分である500キロカロリー(2000 - 2500 = -500)分、体重が減るということです。

 

つまり、「食べ過ぎて摂取カロリーが多くなるほど体重は増え、運動して消費カロリーが増えるほど体重は減る」ということになります。

 

こうしたことから、痩せたければ「食べる量(摂取カロリー)を減らして、運動量(消費カロリー)を増やすべき」といわれているのです。

 

「カロリーオーバーだと太る」の真実

カロリー計算による体重の調整を聞くと、「そりゃそうだろうね」となりますよね?

 

確かに、食べすぎると太るのは間違いありません。ただ、そうだからといってカロリーが悪いのかというと、違います。

 

カロリーを摂り過ぎて太るのは、カロリーに問題があるのではなく、あなたの体に原因があるのです。

 

カロリーオーバーにならないように調整されている

通常、食べ過ぎてしまうと、カロリーオーバーにならないように調整する仕組みが体には備わっています。具体的には、食欲と代謝が変化することで、一時的に食べ過ぎても、最終的にカロリーオーバーにならないように調整されるのです。

 

食べ過ぎると食欲が落ちる

「飲み会や結婚式などで食べ過ぎると、翌日に食欲が沸かない」という経験をしたことがないでしょうか?

 

これは、一時的な食べ過ぎに対して「これ以上食べるとカロリーオーバーになって太ってしまう」という体からのサインなのです。

 

体重が増えるということは、体にとって好ましいことではありません。そのため、食べ過ぎてしまったときには、自然と食欲が落ちて、最終的にカロリーオーバーにならないように調整されているのです。

 

他にも、「昼食を食べ過ぎて、夕食が食べられなかった」という経験はないでしょうか?

 

食べ過ぎた後は食欲が落ちる

 

これも、カロリーオーバーを防ぐために食欲が落ちてしまっている現象です。

 

食べ過ぎると代謝が上がる

さらに、食べ過ぎると食欲が落ちるだけでなく、代謝が高くなって消費カロリーが増えます。

 

食べた後は代謝が上がる

 

何かを食べると、体が熱くなって汗をかきやすくなった経験はないでしょうか?

 

これは、食事によって代謝が高くなったために起こる現象だといえます。食べ過ぎた後には、自然と代謝が高くなって消費カロリーが増えることで、カロリーオーバーにならないように調整されているのです。

 

このように通常であれば、一時的に食べ過ぎてしまっても、食欲や代謝が変化してカロリーオーバーにならないため、体重が増えることはありません。

 

体重は食欲・代謝によって調整されている

食欲と代謝がコントロールされていないことが問題

それでは、食べ過ぎて太ってしまう場合は、何が問題なのでしょうか?

 

結論から述べると、「食べ過ぎたのに食欲が落ちない」「食べ過ぎたのに代謝が上がらない」という、食欲と代謝が上手く調整されていないことが問題です。

 

先に述べたように、一時的な食べすぎは食欲と代謝の変化によってカロリーオーバーにならないように調整されているため、太りません。

 

体重は食欲・代謝によって調整されている

ただ、太ってしまう人は、食べ過ぎても食欲や代謝が調整されず、カロリーオーバーになって太ってしまうのです。

 

例えば、通常であれば昼食を食べ過ぎると、夕食時にはあまりお腹が空きません。それに対して食欲が調整されていない人は、昼食をたくさん食べたにも関わらず、おやつや夕食もたくさん食べてしまうのです。

食べ過ぎた後でも食欲が調整されない

その結果、カロリーオーバーとなって太ることになります。

 

いってしまえば、食べ物に含まれているカロリーが悪いのではなく、食欲や代謝が調整されない体に問題があるのです

 

このように、「カロリーオーバーだと太る」という言葉の真実は、「カロリーオーバーにならないように食欲や代謝が調整されないから太る」ということになります。

 

食欲・代謝が崩れると体重が増える

食欲と代謝は自律神経に支配されている

そして、カロリーオーバーとならないように調整している食欲と代謝は、「自律神経」によって調整されています。

 

食欲・代謝は自律神経によって調節されている

自律神経とは、心臓や内臓などの活動を無意識下で支配している神経になります。寝ている間も心臓が止まらないのは、自律神経が心臓をコントロールしているからです。

 

食欲と代謝は、自律神経によって無意識下で調整されています。

 

「食欲がなかなか我慢できずに食べてしまう……」と悩んだ経験はないでしょうか? それはしょうがありません。食欲は自律神経によって無意識下で調整されているので、あなたが意識的に我慢しようとしてもコントロールできないのです。

 

代謝も同じであり、いくら意識しても代謝を高められないのはイメージできるはずです。

 

そのため、カロリーオーバーとなって太らないようにするためには、自律神経を整えることが必要不可欠だといえます。

 

自律神経を整えて食欲と代謝が自然と調整されるようになると、一時的に食べ過ぎても問題なくなるのです。

カロリー調整によるダイエットの問題点

最後にカロリー調整によるダイエットの問題点について述べます。

 

一般的には「食事制限によって摂取カロリーを減らして、運動などによって消費カロリーを増やすことで痩せる」というのが、ダイエットの基本だと認識されています。

 

ただ既に述べたように、食欲と代謝は自律神経によって「無意識」に調整されています。自律神経が無意識下でコントロールしている食欲や代謝を、意識的に制限したり運動したりして調整するのは不可能です。

 

カロリー制限はリバウンドを招く

例えば、頑張ってカロリー制限をしようとすると、体はエネルギー不足になります。そうなると、自律神経が調整して自然と食欲が増してエネルギー不足を補おうとするのです。また、摂取カロリーが少なくなるため、無駄なエネルギーを消耗しないように代謝が低くなります。

 

その結果、もしカロリー制限によって一時的に痩せたとしても、リバウンドするのです。

また、カロリー制限で食欲が強くなったときに無理やり食欲を我慢してしまうと、最終的には摂食障害になってしまう可能性もあるのです

 

ダイエットによって摂食障害を患ってしまうのは、こうした「エネルギー不足だから食べて」という自律神経からの危険信号を無視した結果だといえます。

 

このように、カロリー制限によるダイエットは、いずれリバウンドか体調不良を招くダイエット方法なのです。

 

運動によるカロリー調整もリバウンドを招く

また、運動量を増やして痩せるのも、カロリー制限と同じ原理になります。

 

カロリー制限が摂取カロリーを減らすのに対して、運動によるダイエットは消費カロリーを増やすだけです。結局、無理をするとエネルギー不足を招くことになります。

 

そのため、過剰な運動によるダイエットも、カロリー制限と同じようにリバウンドや体調不良を招きやすいダイエット方法だといえます。

 

食欲や代謝は意識的に調整できない

カロリー制限や運動によるダイエットは、食欲や代謝を意識的に調整して痩せようとする方法だといえます。

 

ただ、食欲と代謝が、自律神経という無意識下でコントロールされている神経によって支配されているということは、食欲と代謝を意識的に調整するのは不可能なのです。

 

さらに、既に述べたように、あまりに意識的に食欲を我慢してしまうことで、自律神経による調整機能が崩れてしまい、摂食障害になってしまう可能性もあります。

このように、カロリー調整によるダイエットは、無意識下でコントロールされている食欲や代謝を意識的に調整しようとしているところに一番の問題があるのです。

 

今回述べたように、カロリーオーバーで太るというのは、正しいですがその裏に隠された真実を理解しておくことが大切になります。カロリーオーバーが続くと太るのは真実ですが、自律神経が整っており健康的な状態であれば、自然と食欲や代謝が調整されて、最終的にカロリーオーバーにならないようになるのです。

 

こうしたことを理解せずに、意識的にカロリー制限や運動によるダイエットを頑張りすぎると、リバウンドや体調不良を招く可能性が高いため、注意してください。


この記事をシェアする
Facebook Google+

Leafのダイエット相談

Leaf無料相談

Leaf無料ダイエット相談

体質改善ダイエットサロンLeaf
住所 〒861-1112 熊本県合志市幾久富1909-1844
電話番号 096-288-2579

予約状況を確認する

トップへ戻る