熊本 合志 光の森 ダイエットサロン│体質改善ダイエットサロンLeaf(リーフ)

体質改善ダイエットサロンLeaf

Leaf 電話 0962882579

ダイエットを正しくやればこうやって痩せる!リバウンドしない体重の落ち方

熊本ダイエット体重

 

熊本にあるパーソナルトレーニングのHPを見ると

 

・2ヶ月で7キロ
・3ヶ月で20キロ

 

など、短期的に大きく痩せられるように書いてあるところが多いです。

 

確かに、食事制限を厳しくして、ハードなパーソナルトレーニングをすれば、短期的に痩せられるでしょう。しかし、こうした短期間のダイエットは、ほぼ間違いなくリバウンドします。
【熊本短期集中ダイエット】2ヶ月で痩せるダイエットの重大な欠点

 

それでは、正しいやり方でダイエットをすると、どのような体重の落ち方をするのでしょうか?

 

今回は、「リバウンドしない理想的な体重の落ち方」についてわかりやすく解説します。

 

この記事を読むことで、「ダイエット初期に体重が落ちなくても良い理由」「理想的な体重の落ち方」を理解できます。

 

体重は増減しながら減る

まず、ダイエット中の体重で知っておかなければいけないことは、「体重は直線的ではなく、増減を繰り返しながら落ちていく」ということです。

 

熊本ダイエット体重

 

水分で1キロ前後変動する

ほとんどの人は、1日で体重が500g~1キロ変動します

 

例えば、前日が56.5キロだった人が、翌日に57.5キロになっていたり、55.5キロになっていたりするのです。

 

熊本ダイエット減量

 

こうした1日での体重変動のほとんどは、脂肪ではなく「水分」によるものです。体内に水分が溜まる(浮腫む)と体重が増え、水分が抜けると減ります。

 

ダイエット中であると、どうしても1日で1キロ増えると「太った……今日は食べる量を減らそう……」と考えがちです。

 

熊本ダイエットリバウンド

 

しかし、水分による体重増減は誰にでも起こることですし、本当の体重増加とはいえないので、気にする必要はありません。

 

まずは、このように水分によって体重が1キロ前後は変動することを理解しておきましょう。

 

1日で体重が増えたときは、決して脂肪で太ったのではないのです。

 

体重が増える原因とは?

それでは、浮腫みによって体重が増える原因には、どのようなものが挙げられるでしょうか?

 

たとえ浮腫みであるといっても、体重が増えることには変わりません。そうしたときに、浮腫む原因を知っていれば、「あぁー昨日○○だったから浮腫んで体重が増えているのか」と冷静になることができます。

 

以下に、浮腫みが強くなる要因について列挙します。

 

・塩分の摂り過ぎ
・糖分(炭水化物)の摂り過ぎ
・水分の摂り過ぎ
・アルコール
・寝不足
・ストレス
・座り過ぎ
・運動し過ぎ
・薬

 

もし急に体重が増えたときには、前日の生活を振り返って以上の要因が当てはまらないかを振り返りましょう。

 

そして、浮腫みによる体重増加であれば、普通に生活していれば戻りますので気にしなくていいです。また、あなた自身が浮腫みやすい要因を把握しておくと、今後体重に左右されにくくなります。

 

理想的な体重の落ち方

ここまで述べたことを踏まえた上で、理想的な体重の落ち方について解説していきます。

 

痩せる助走期間がある

多くの人は、ダイエットを始めると、すぐに痩せていくことを夢見ます。

 

熊本ダイエット夢

*1日の増減は省略しています

 

確かに、これまでの生活(食事や運動、睡眠)が整っていれば、ダイエットを始めると同時に、体重が落ちていくこともあります。

 

しかしほとんどの場合、最初は体重が減りません。ダイエットし始めは、体重を減らすことよりも、これまでに崩れた生活を整えることに注力しないといけないためです。

 

もし生活が崩れたまま食事制限やトレーニングを頑張って痩せると、必ずリバウンドします。

 

熊本ダイエット現実

 

こうならないようにするためにも、痩せるための準備として、生活を整えなければいけないのです。

 

例えば、痩せるためには食事量も大切ですが、何よりもバランスが重要になります。毎日コンビニでおにぎりとから揚げばかり食べていては、栄養が偏ってしまい痩せにくくなります。

 

食事のバランスが悪いときは、まずは食事制限ではなく食事の改善をすることが大切です。他にも、慢性的な寝不足やストレスがあれば、食事制限で痩せるよりも、睡眠時間やストレス管理を優先します。

 

このように、ダイエットの初期には痩せるための「助走期間」があるのです。

 

熊本ダイエット準備

 

そして助走期間中には、体重が減らない、もしくは増える場合もあります。

 

ただ、健康的に痩せるために助走期間は必須ですので、この時期をいかに乗り越えるかが大切になります。

 

1ヶ月に1~2キロの減量を目指す

また、熊本のパーソナルトレーニングジムもそうですが、「2ヶ月で7キロ」や「3ヶ月で20キロ」など、短期間で大幅な減量を目指しているところが多いです。

 

しかし実際には、1ヶ月1~2キロ(体重の約5%)の減量でないと、リバウンドする可能性が高くなります。

 

急に脂肪が減ると、体が反発して、食欲を強めたり、代謝を下げたりして、脂肪を手放さないようにするのです

 

しかも、よく考えてみてください。脂肪を1キロ落とすためには、約7000キロカロリーのマイナスを作らなければいけません。

 

3ヶ月で20キロとなると、3ヶ月で140000キロカロリー、1ヶ月で46000キロカロリー、1週間で11500キロカロリーのマイナスを作らないと脂肪は落ちないのです。

 

食事から摂る1日の摂取カロリーが約2000キロカロリーであれば、週5日間は絶食になります。

 

熊本ダイエット絶食

 

このような短期的で大幅な減量は、普通に考えて無理なのです。
(正確に言うと、短期間で大幅な減量は可能です。ただ、脱水状態を作ったり、筋肉を削ったりして無理やり体重を落とすことになります)

 

体に負担をかけず、反動が起こらないように痩せたいのであれば、1ヶ月で1~2キロくらいの減量を目指しましょう。

 

停滞期がきても焦らない

そして、大切なことは「停滞期がきても焦らない」ということです。

 

ダイエットを始めて、順調に体重が落ちていると、必ずと言っていいほど体重が変わらなくなる時期(停滞期)が訪れます。

 

熊本ダイエット停滞期

 

停滞期は、減量に対する体の正常な反応であるため、気にする必要はありません。脂肪が無くなったことに驚いて、一時的に脂肪を燃やしにくくするのです。

 

このときに、食事内容や運動、睡眠など、生活習慣が崩れていないのであれば、体重の変化は気にしないようにしましょう。生活が整っていれば、いずれ停滞期は抜けることができます。

 

逆に、焦って食事制限を強めたり、無理なトレーニングをしたりした方が、反動によるリバウンドを招く可能性が高いです。

 

こうしたことから、停滞期がきても焦って無理をしないようにしてください。

 

まとめ

今回述べたように、ダイエット初期からスルスルと体重が減ったり、短期間で急激に痩せたりするのは現実的ではありません。もし可能だとしても、体調を崩すかリバウンドを招きます。

 

また、ダイエット初期は体重が減らない、もしくは増える「準備期間」があるということも理解しておきましょう。

 

このような、理想的な体重の落ち方を知っておくことで、焦らずに正しいダイエットに取り組むことができるようになります。


この記事をシェアする
Facebook Google+

Leafのダイエットプログラム詳細

熊本ダイエットプログラム

熊本ダイエットプログラム

今すぐの問い合わせはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

熊本ダイエット相談

*月に先着5名限定で、通常8,000円のカウンセリング・パーソナルトレーニング体験が無料です

ラインでも問い合わせ受け付けています

kumamoto diet

体質改善ダイエットサロンLeaf
住所 〒861-1112 熊本県合志市幾久富1909-731 エースハイツ(光の森)
最寄駅 光の森駅、武蔵塚駅、三里木駅 *熊本駅から約30分、熊本空港(阿蘇くまもと空港)から約20分
電話番号 096-288-2579
営業時間 10:00~20:00(時間外要相談) 日祝休み

予約状況を確認する

トップへ戻る