熊本 合志 光の森 ダイエットサロン│体質改善ダイエットサロンLeaf(リーフ)

体質改善ダイエットサロンLeaf

Leaf 電話 0962882579

「産後ダイエットは半年が勝負」の真実【熊本ダイエット】

産後ダイエット半年

 

「産後ダイエットは半年が勝負」という話を聞いたことがないでしょうか?

 

確かに、産後の半年は出産を終えた体にとって重要な時期です。妊娠・出産で負ったダメージを回復するタイミングであるため、いかに体の回復をスムーズにするかは非常に重要になります。

 

ただ、だからといってこの時期に無理な食事制限や運動をしなければ、妊娠前の体重に戻らないかというとそうではありません。逆に、産後半年に無理すると、どんどん痩せにくくなってしまう可能性が高いのです。

 

そこで今回は、「産後ダイエットは半年が勝負の真実」について詳しく解説します。

 

この記事を読むことで、産後半年にどのようなことを意識すれば良いかを理解できるようになります。

 

産後ダイエットが半年が勝負と言われる理由

産後ダイエットは半年が大切であることは間違いありません。基本的には、産後半年までに妊娠前の体重まで戻ります。そのため、半年経っても体重が戻っていないのであれば、何かしら対策を立てた方が良いでしょう。

 

しかし、だからといって産後半年までに食事制限や運動を頑張らないといけないかというと、そうではありません。

 

妊娠・出産によるダメージの回復に半年かかる

妊娠や出産という経験は、あなたが想像している以上に体への負担が大きいです。

 

お腹の中で胎児を育てるためには、胎児に必要な栄養をあなたの体から送り届けなければいけません。また、3キロ近い胎児を抱えて生活するため、骨盤や足などには、胎児分の重さの負担がかかります。

 

さらに、出産時は骨盤が大きく開くため、骨盤に付いている靭帯や筋肉、骨盤内の関節にも大きな負担がかかります。

 

身体内の変化はもっとたくさんありますが、とにかく妊娠・出産というのは、あなたの体に想像以上のダメージを与えるのです。

 

産後ダイエット育児

 

産後半年は、妊娠・出産によって受けたダメージが最も大きく回復する期間になります。傷でも骨折でも同じですが、体内では負担を受けた直後が最も回復のための反応が起こります。

 

産後も同じであり、産後半年という期間がダメージを回復するために効果的かつ必要な時期なのです。

 

半年は減量ではなく体を整える時期

結論から言います。

 

産後半年は、無理して痩せるための時期ではなく、体を回復させ、整える時期です。

 

世の中には、産後すぐのダイエットを推奨している人もいます。実際、産後2~3ヶ月で食事制限やパーソナルトレーニングを受ける人もいます。

 

もちろん、人によっては産後早期からパーソナルトレーニングを行っても問題ない場合もあります。しかし一般的には、産後早期にダイエットを目的とした食事制限やパーソナルトレーニングは必要ありません

 

それよりも、産後半年は出産で負ったダメージの回復と、変化した体の再構築に力を入れるべきなのです。

 

食事制限や運動なしでも痩せる

実際に、産後は特別な食事制限や運動をしなくても、体を回復させて整えることを意識すれば、自然と体重は落ちます。

 

例えば、産後で授乳をする場合、通常必要なカロリー量に350キロカロリーは余計に必要だとされています。
*厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015年版)概要」から引用

 

ここで、ダイエット経験があるなら、「350キロカロリーもプラスに摂ったら太るのでは?」と考えるかもしれません。しかし実際には、授乳することで350キロカロリー以上のエネルギーが消費される(640キロカロリー/日)ため、太らないのです。

 

産後ダイエット授乳

 

350キロカロリー余計にとっても、授乳だけでそれ以上にエネルギーを消費するため、体重はどんどん減ります。

 

このように産後は、特別な食事制限や運動をしなくても、自然と痩せるのです。

 

<関連記事>
産後ダイエットを確実に成功させるポイント

 

産後半年で痩せるためにやるべきこと

ただ、だからといって産後に好き放題食べたり、生活したりしていいのかというと、そうではありません。

 

産後半年でスムーズに痩せるために、特別な食事制限や運動は必要ありませんが、気をつけなければいけないことはいくつかあります。特に、「食欲のコントロール」「身体のメンテナンス」「適度な運動」の3つは、産後半年でスムーズに痩せるために重要です。

 

食欲のコントロール

産後スムーズに痩せるための一番のポイントは、食欲のコントロールになります。簡単にいうと、「食べ過ぎない」ということです。

 

産後ダイエットが上手くいかない人の多くは、産後に食欲が乱れて食べ過ぎています

 

例えば、ご飯を食べずにお菓子ばかりを食べたり、3食の食事とは別におやつを3回も4回も食べたりなど、とにかく食欲がおさまらずに食べ過ぎてしまうのです。

 

産後は、出産による栄養不足や寝不足、ストレスなどが原因で食欲が乱れやすくなっています。

 

産後の食欲をコントロールするためには

 

・しっかり食事を摂る(量・栄養バランス)
・できる限り睡眠時間を確保する
・ストレスを溜め込みすぎない

 

という当たり前のことが大切になります。産後は、身体的にも精神的にも余裕がなく、食事や睡眠に時間や労力を費やせないかもしれません。そのため、できるだけ手を抜きながら上手くやりくりするかが非常に重要になります。

 

間違っても、食事や睡眠などに余裕がない状況で、パーソナルトレーニングなどに通うことはしないようにしてください。

 

身体のメンテナンス

先に述べたように、妊娠・出産では骨盤を中心に大きな負担がかかります。その上、出産後はゆっくりする時間もなく、授乳や育児、家事などを行わなければいけません。

 

体がもともと強く、妊娠・出産も何事もなく、産後の調子も良い人は、特別なケアは必要ないかもしれません。

 

ただ大半の人は、産後に身体のメンテナンスを行うことが大切になります。

 

例えば、産後のケアを専門としている医療機関や整体などを頼るのも良いでしょう。もし体の状態が悪くないのであれば、自分自身でストレッチやマッサージなどを行ってケアするのも良いです。

 

産後ダイエット骨盤矯正

 

産後の体は、あなたが想像している以上に負担がかかっています。

 

そのため、どれだけ「私の体は問題ない」と思っていても、ストレッチやマッサージなど、自分でできるケアは実施することをお勧めします。

 

適度な運動

産後にきついパーソナルなどの運動は必要ありません。ただ、産後はどうしても体力が落ちてしまうため、時期や状態に応じて適度な運動をしていくことが大切です。

 

そうしてあなた自身の体力を回復させることで、その後の育児も楽になります。

 

例えば、産後1ヶ月はできるだけ横になる時間を作ることが大切です。そうはいっても、横になっていたり、座っていたりしながらストレッチをすることはできます。

 

背中や腰を中心に無理のない範囲でストレッチをしたり、股関節を動かしたりするなど、少しずつ体をほぐしていくと良いでしょう。

 

産後1ヶ月~3ヶ月にかけては、少しずつ立ってからの運動をするなど、重力に抗する時間を作っていきます。その中で、特に「骨盤底筋群」と呼ばれる、骨盤の底にある筋肉のトレーニングを行うと良いです。

 

産後ダイエット骨盤底筋群

 

骨盤底筋群を鍛えることが、内臓の下垂によるポッコリお腹や骨盤の広がりによるお尻の弛み、尿漏れなどの改善につながります。

 

このように、時期や体調に合わせて無理なく運動をしていくことで、スムーズに体力が回復していきます。

 

詳しい運動のポイントは「【完全保存版】産後ダイエットにおける時期別のポイント」を参考にしてください。

 

まとめ

今回述べたように、産後ダイエットにおいて「半年が勝負」というのは、半年で食事制限や運動を頑張らないといけないのではなく、「妊娠・出産でダメージを受けた体を回復させる」ために大切なのが半年ということです。

 

食事制限や運動をしなくても、産後のケアができていれば半年以内に無理なく体重は戻ります。

 

もしあなたが「産後は半年が勝負」と思って無理をしているのであれば、ぜひこの機会に産後ダイエットに対するイメージを考え直してみてください。


この記事をシェアする
Facebook Google+

Leafのダイエットプログラム詳細

熊本ダイエットプログラム

熊本ダイエットプログラム

今すぐの問い合わせはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

熊本ダイエット相談

*月に先着5名限定で、通常8,000円のカウンセリング・パーソナルトレーニング体験が無料です

ラインでも問い合わせ受け付けています

kumamoto diet

体質改善ダイエットサロンLeaf
住所 〒861-1112 熊本県合志市幾久富1909-731 エースハイツ(光の森)
最寄駅 光の森駅、武蔵塚駅、三里木駅 *熊本駅から約30分、熊本空港(阿蘇くまもと空港)から約20分
電話番号 096-288-2579
営業時間 10:00~20:00(時間外要相談) 日祝休み

予約状況を確認する

トップへ戻る