熊本 合志 光の森 ダイエットサロン│体質改善ダイエットサロンLeaf(リーフ)

体質改善ダイエットサロンLeaf

Leaf 電話 0962882579

産後ダイエットの鍵は産前の体重管理!妊娠中の体重が及ぼす影響

熊本妊婦ダイエット

 

産後ダイエットというと、出産後に頑張って痩せようとする人が多いです。

 

しかし実際には、体重管理が重要であるのは妊娠中であり、妊娠中に体重管理がしっかりできていれば、産後はスムーズに体重が戻ります。

 

また、妊娠中に体重が増えすぎたり減り過ぎたりしていると、母子ともにさまざまなリスクが高まるのです。

 

そのことを理解した上で、妊娠中の体重管理をしていかなければいけません。

 

そこで今回は、「妊娠中の体重が及ぼす影響」についてわかりやすく解説します。

 

この記事を読むことで、妊娠前・妊娠中の体重管理の重要性を理解できます。

 

肥満と痩せの基準

まず、肥満と痩せの基準について確認します。

 

非妊娠時の肥満度は、「BMI」によって判断され、各国ごとによって基準が決められています。
*BMI(Body mass index) = 体重kg ÷ (身長m)(身長m)

 

日本では、非妊娠時のBMIにおける分類は、以下のようになっています。

 

やせ 普通 肥満
BMI <18.5 18.5~24.9 ≧25

 

また、非妊娠時のBMIによって、妊娠中に増えても大丈夫である体重の目安があります。

 

やせ 普通 肥満
体重増加 9~12 7~12 個別対応(5キロ程度が目安)

 

こうした、非妊娠時の体重や妊娠中の体重増加の目安を知っておくことは、安全な出産だけでなく、産後にスムーズに痩せるために大切になります。

 

肥満による妊婦・胎児のリスク

非妊娠時のBMIが高くなるほど、妊娠高血圧症(HDP)、妊娠糖尿病(GDM)、HFD児(妊娠期間に比して大きな児)、巨大児、過期産、帝王切開術、産後の過多出血(PPH)のリスクが高まることが明らかになっています。

 

また、妊娠中に体重が増えすぎた場合、HDP、HFD、帝王切開術のリスクが上がると言われています。

 

といっても、妊娠中の体重増加よりも非妊娠時のBMIが、周産期に対してマイナスの影響を与えます。妊娠中の体重増加に関しては、様々なトラブルの原因になるという報告はあるものの、見解としてバラつきがあるのが実際です。

 

ここからは、肥満が原因で起こる妊娠中のトラブルについて解説します。

 

妊娠高血圧症(HDP)

妊娠高血圧とは、妊娠20週以降から分娩後12週までの期間に高血圧が発症し、分娩後12週以降は正常に戻る状態です。正式な名称は「妊娠高血圧症候群」といい、高血圧や高血圧腎症など、いくつかの病態を包括する概念になります。

 

最高血圧が140mmHg以上、もしくは最低血圧が90mmHg未満だと、高血圧だと診断されます。

 

妊娠高血圧症候群になると、以下のような問題が起こる可能性があります。

 

・浮腫、体重増加
・出血傾向、臓器障害
・頭痛、意識障害、視力障害
・呼吸困難
・性器出血、子宮が小さい、羊水過多、胎動減少
・胎盤機能不全、胎児低酸素血漿、低栄養、常位胎盤早期剥離

 

妊婦の体はもちろんのこと、胎児の体にも悪い影響を与えるのです。

 

妊娠高血圧症候群の治療は、「重症度(血圧がどれだけ高いか)」「妊娠週数」「母児の危機的状況の有無」によって、妊娠を継続するかどうかを判断します。継続するのであれば、安静や食事療法による体重管理、降圧剤などを使って治療します。

 

非妊娠時、妊娠時に肥満であると、こうした妊娠高血圧症候群のリスクが高くなるのです。

 

妊娠糖尿病(GDM)

妊娠糖尿病とは、妊娠前から糖尿病をもっていた人と、妊娠中に糖尿病(もしくは糖尿病には至らないが糖代謝に異常がある人)のことをいいます。正確には、「糖代謝異常合併妊娠」といい、前者は「糖尿病合併妊娠」、後者は「妊娠糖尿病」と呼ばれます。

 

以下の4つのいずれかを満たした場合に、糖代謝異常合併妊娠と診断されます。

 

・糖尿病と診断されていて妊娠
・確実な糖尿病網膜症が存在する
・妊娠中に75gOGTTを実施し、「空腹時血糖92mg/dL以上」「1時間値180mg/dL以上」「2時間値153mg/dL以上」のいずれかを満たす
・「空腹時血糖126mg/dL以上」「HbA1c6.5%以上」「随時血糖値200mg/dL以上もしくは75gOGTT2時間値が200mg/dL以上」

 

胎児は糖をエネルギー源として大きくなります。そのため、妊娠すると、妊婦の糖の利用は悪くなり(インスリン抵抗性)、糖を優先的に胎児に送るようになります。これは生理的で正常な反応です。

 

ただ、妊娠糖尿病になると、必要以上に胎児に糖が送られるため、巨大児やHFD児のリスクが高くなります。その結果、「肩甲難産(胎児の肩が引っかかって難産になる)」となって、遅延分娩、胎児機能不全などに陥る可能性が高くなります。

 

妊娠糖尿病の治療は、食事療法を基本とし、食事療法で血糖コントロールができない場合は、インスリン療法をします。

 

肥満は、妊娠糖尿病のリスクも高めるのです。

 

微弱陣痛

微弱陣痛とは、陣痛が弱くなり過ぎて分娩に時間がかかってしまう状態のことをいいます。分娩に時間がかかると、母子ともに体に負担がかかってしまいます。

 

微弱陣痛は、分娩開始時から、もしくは順調であった分娩の途中から、「胎児心拍数陣痛図(CTG)」によって、陣痛の微弱化を示す「子宮内圧の低下」「陣痛周期の延長」「持続時間の短縮」の3つのうち、1つ以上が認められた場合に診断されます。

 

基本的な治療方針は

 

①待機とバイタルチェック
②脱水の補正(経口水分摂取、輸液)
③子宮収縮薬

 

という流れになります。その上で、状況に応じて帝王切開や吸引・鉗子分娩などが行われます。

 

肥満は、こうした微弱陣痛のリスクを高めるのです。

 

巨大児

巨大児とは、奇形などの肉眼的な異常がなく、出生体重が4000gを超えている児のことを言います。

 

巨大児では、「肩甲難産」などの分娩異常のリスクが高くなり、帝王切開の頻度も高くなります。肩甲難産では、新生児の外傷だけでなく、母親の産道損傷や分娩時の出血量増加のリスクも増加します。

 

妊婦が肥満であると、巨大児のリスクが高くなるので、妊娠前、妊娠中の体重管理が重要なのです。

 

痩せによるリスク

妊婦が太っていることで生じるリスクもありますが、近年では痩せすぎによる問題も増えています。ここで言う痩せの妊婦とは、非妊娠時のBMIが18.5未満で妊娠した人を指します。

 

痩せすぎの人が妊娠する、もしくは妊娠中に体重が増えないと、「早産」「胎児発育不全」「生活習慣病」のリスクが高くなるのです。

 

早産

早産とは、妊娠22~37週未満の分娩をいいます。当然早産になると、児の成熟が十分ではないため、脳性麻痺や発育遅延などのリスクが高くなるのです。

 

ある報告では、普通妊婦の早産率が2.4%であるのに対して、やせ妊婦の早産率は4.6%、他の報告では、普通妊婦が8.3%、やせ妊婦が10.2%とされています。

 

やせ妊婦の早産率に関しては、報告にバラつきがあるため、普通妊婦よりも早産率が多少高くなるくらいの認識をもっておくと良いでしょう。

 

胎児発育不全(FGR)

胎児発育不全とは、在胎週数相当より胎児の発育が遅れている病態のことをいいます。

 

妊娠30週頃までの超音波検査で、推定胎児体重(EFW)と胎児体重基準値を比較することで診断されます。ただ、体重だけでなく、羊水過少や胎児腹囲、体重の経時的変化を総合的に考えて診断されます。

 

妊娠前からの無理なダイエットをすると、妊娠した後の胎児の発育にも影響を及ぼす可能性があるのです。

 

生活習慣病

妊娠中の妊婦の状態が、次世代に与える影響を説明するものとして、「Baker仮説(胎児プログラミング仮説)」があります。

 

Baker仮説とは、「胎児期の子宮内環境が、発達中の胎児の臓器に影響して、出生後のさまざまな病気の発症に関与する」という仮説です。

 

例えば、妊婦が太りたくないと考えて十分な食事を摂らなければ、胎児にも十分な栄養が届けられません。そうなると、胎児は低栄養環境で成長できるように、身長が小さくなったり、筋肉量が少なくなったりして適応します。

 

ただ、出生後は飽食によって過剰な栄養が与えられるため、ミスマッチが生じるのです。つまり、省エネモード(少ない栄養で生きられる体)で生まれたのに予想以上の栄養が与えられて、体が処理できなくなるのです。

 

その結果、肥満や糖尿病、心血管障害などの生活習慣病になりやすくなります

 

このように、妊娠中における妊婦の栄養状態は、胎児の将来にまで影響を与える可能性があるのです。

まとめ

今回述べたように、妊娠前・妊娠中の体重管理は、産後ダイエットだけでなく、妊婦や胎児にさまざまな影響を及ぼします。

 

 

妊娠・出産に関する体重管理というと、産後ダイエットのイメージが強いためか、産後に頑張る人が多いです。しかし実際には、大切なのは妊娠前と妊娠中の体重管理だということを理解しておくことが大切になります。


この記事をシェアする
Facebook Google+

Leafのダイエットプログラム詳細

熊本ダイエットプログラム

熊本ダイエットプログラム

今すぐの問い合わせはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

熊本ダイエット相談

*月に先着5名限定で、通常8,000円のカウンセリング・パーソナルトレーニング体験が無料です

ラインでも問い合わせ受け付けています

kumamoto diet

体質改善ダイエットサロンLeaf
住所 〒861-1112 熊本県合志市幾久富1909-731 エースハイツ(光の森)
最寄駅 光の森駅、武蔵塚駅、三里木駅 *熊本駅から約30分、熊本空港(阿蘇くまもと空港)から約20分
電話番号 096-288-2579
営業時間 10:00~20:00(時間外要相談) 日祝休み

予約状況を確認する

トップへ戻る