熊本 合志 菊陽 体質改善ダイエット│体質改善ダイエットサロンLeaf(リーフ)

もうダイエットはこれで最後にしませんか?

Leaf 電話 0962882579

あなたが痩せないのはなぜ?ダイエットに失敗している3つのタイプ

ダイエット失敗タイプ

 

あなたは、「なぜダイエットが上手くいかないのか?」ということを真剣に考えたことがあるでしょうか?

 

ダイエットに限った話ではありませんが、問題を解決するためには原因を突き止めなければいけません。そのため、痩せるためにまずやるべきことは、「痩せない原因」を追求することになります。

 

ダイエットが上手くいかない原因は無数にありますが、大きく分類すると3つのタイプに分けられます。まずはあなたがどのタイプに当てはまるのかを把握することが、ダイエットを成功させるための第一歩になるのです。

 

そこで今回は、「ダイエットに失敗している3つのタイプ」について解説します。

 

痩せない原因のまとめ

 

・痩せない人は「食べ過ぎダイエッタータイプ」「代謝ダウンダイエッタータイプ」「自律神経失調ダイエッタータイプ」の3つのタイプに分類される
・食べ過ぎダイエッタータイプは、食欲を乱している原因を特定して解消することが先決
・代謝ダウンダイエッタータイプは、食事によって代謝を上げることが大切
・自律神経失調ダイエッタータイプは、規則正しい生活を心がけることが大切
・痩せないのであれば、頑張って食事制限や運動をするのではなく、痩せない原因を追究して解消しなければいけない

 

ダイエットタイプ別対処法

 

食べ過ぎダイエッタータイプ

ダイエットに失敗しているタイプの一つ目は、「食べ過ぎダイエッタータイプ」です。

 

熊本ダイエット食べ過ぎ

 

このタイプは「体が処理できる以上に食べ過ぎてしまっているために痩せられない」という人になります。

 

こんな人は食べ過ぎダイエッタータイプ

例えば、以下のような人は食べ過ぎダイエッタータイプだといえます。

 

・食事制限しているのに、我慢できずに食べ過ぎてしまう
・3食食べているのに、我慢できずにチョコチョコ食べ過ぎてしまう
・食べ過ぎなのはわかっているけど我慢できない

 

以上に当てはまるのであれば、あなたは食べ過ぎが原因で痩せられてない可能性が高いです。

 

摂取カロリーと消費カロリーのイメージ

体重は、簡単にいうと「摂取カロリー > 消費カロリー」という状況になると増えます。イメージとしては、「摂取カロリー ≒ 食べて得られるエネルギー量」「消費カロリー ≒ 体が処理できるエネルギー量」と考えることができます。

 

当然、食べ過ぎて摂取カロリーが多くなるほど太ります。

 

「運動したり、基礎代謝量が上がったりすると痩せる」と考えられているのは、運動が消費カロリー量を高めるためです。

 

食べ過ぎは我慢できない

それでは、「食べ過ぎてしまう人は我慢して食べなければいいのか?」というと、そう簡単ではありません。食欲は無意識に調整されているので、頑張って食べすぎを防ぐことはできないのです。

 

例えば、あなたは食べ過ぎて「もうこれ以上食べられない」という感覚を、意図的に消すことができるでしょうか? 無理ですよね。

 

熊本ダイエット食欲

 

これと同じように、「何か食べたい」という感覚も意図的に消すことはできません。

 

どうしても食べ過ぎていると「我慢しないといけない」と考えて、無理に食欲を抑えようとします。しかし、そうした我慢は反動によって食べすぎを招くことになるのです

 

それでは、食べ過ぎはなぜ起こるのでしょうか?

 

食べ過ぎを招く原因

食べ過ぎてしまう原因は、主に「カロリー不足」「栄養不足」「食事間隔の問題」「自律神経・ホルモンバランスの崩れ」「快楽性食欲」です。

 

ダイエット食べ過ぎ原因

 

カロリー不足

当然ですが、食事量が足りないとお腹が空きます。その結果、食べ過ぎてしまうのです。

 

例えば成人女性であれば、1日の摂取カロリーが1500キロカロリーにも満たない場合は、明らかにカロリー不足です。

 

もちろん、カロリー不足であっても、足りていない分だけを食べるのであれば問題ありません。しかし、ダイエットのために食事制限をして我慢していると、反動で不足分以上に食べ過ぎてしまうのです。

 

特に、「お腹が空いたけど太らないように……」と考えて、低カロリーである野菜やこんにゃく、低カロリー食品などを食べると、全く満足できずに逆に食べすぎてしまいます。

 

栄養不足

カロリーが十分であっても、体に必要な栄養が不足していると、体がそれを求めて食欲が強まります。

 

例えば女性であれば、生理の影響で鉄分が不足しがちです。鉄分が不足すると、生理前などに過度に食欲が増して食べ過ぎてしまいます

 

そのときに、鉄分が豊富な物を食べれば食欲は落ち着くでしょう。ただ、鉄不足だと気付いていなければ、食欲に従って甘い物などを食べてしまうはずです。そうなると、いくら食べても食欲が満たされずに、結果的に食べ過ぎてしまいます。

 

このように、栄養不足でも食べすぎを招くのです。

 

食事間隔の問題

また、食事の間隔が長いことも食べすぎにつながります。

 

例えば、朝食が7時で昼食が12時、夕食が18時であれば、食事の間隔は長くて6時間です。この程度であれば、そこまで食べ過ぎてしまうことはないでしょう。

 

その一方で、朝食は7時で昼食が12時、夕食が20時だと、昼食と夕食の間隔が8時間も空いてしまいます。これだけ時間が空くと、夕食時には「お腹が空いた!」となって、必要以上に食べ過ぎてしまいがちです。

 

また食事の間隔が空くほど、適量で食事に満足しにくくなり、「ちょっと甘い物を食べようかな……」となって、食後のチョコチョコ食べにつながります。

 

このように、食事の間隔が長くなると、食べすぎを招くことになるのです。

 

自律神経・ホルモンバランスの崩れ

食欲はホルモンや自律神経によってコントロールされています。そのため、ホルモンや自律神経のバランスを崩す原因となる睡眠不足やストレスは、食べすぎにつながるのです。

 

例えば、睡眠時間が短いと食欲を抑える「レプチン」と呼ばれるホルモンが少なくなります。逆に、食欲を強める「グレリン」というホルモンが多くなるのです。その結果、食欲が増して食べ過ぎてしまいます。

 

また、ストレスがあると反動で食べ過ぎてしまうのは想像できるはずです。これは、自律神経の乱れによって引き起こされる現象になります。

 

そのため、「しっかり食べているし、食事の間隔も長すぎないのに食べ過ぎてしまう」というのであれば、睡眠不足やストレスによる自律神経・ホルモンバランスの崩れを疑うようにしましょう。

 

特に、「睡眠不足やストレスの翌日に食べ過ぎてしまう」という状況であれば、自律神経やホルモンの乱れが影響している可能性が高いです。

 

快楽性食欲

これまで挙げた要因を解消しているにも関わらず、食べ過ぎてしまうのであれば、「快楽性の食欲」を疑ってください。

 

快楽性の食欲とは、簡単にいうと「快楽を得るための食欲」になります。

 

例えば、過去に物凄く美味しいケーキを食べたとします。そのケーキを目の前に出されると、ご飯を食べた後でも「食べたい」と感じるのは想像できるのではないでしょうか。

ダイエット中ケーキ我慢

 

また他にも、テレビで美味しそうな食べ物が映ると食欲が刺激されるのも、快楽性の食欲です。

 

このように、過去の記憶や視覚、嗅覚などによって、体が求めている以上に食欲が起こるのが快楽性の食欲になります。

 

こうした快楽性の食欲も食べすぎを招く原因の一つです。

 

食べ過ぎダイエッタータイプのダイエット法

食べ過ぎてしまう人が痩せるためには、以上に挙げた5つの原因を解消して食べ過ぎを防ぐことが先決になります。

 

カロリー不足

既に述べたように、成人女性で1日の摂取カロリーが1500キロカロリーにも満たない場合は、明らかにカロリー不足です。

 

また、妊娠中や授乳中はさらに300キロカロリー前後プラスしなければいけませんし、身長が大きかったり、活動量が多かったりする場合も、もっとカロリーが必要になります。

 

とにかく、まずはあなたに必要なカロリー量を把握して、それを下回らないようにしましょう。

 

<関連記事>
厚生労働省が推奨する1日の摂取カロリー量とは?

 

栄養不足

栄養不足は、特定するのが非常に難しいです。ただ、女性であれば不足しやすい栄養があります。

 

既に述べたように、生理前に食欲が増したり、体調が悪くなったりするのであれば、鉄が不足している可能性が高いです。また、出産後から食欲や体調の崩れが強くなったのであれば、なおさら鉄不足が疑われます

 

他にも、「糖質制限(主食などの糖質を食べない食事法)」を実施しているのであれば、糖質が不足している可能性が考えられます。特に、我慢できずにナッツや低糖質スイーツを食べているのであれば、糖質不足を疑ってください。

 

このように、特定の栄養素不足が疑われた場合、その栄養素が豊富に入っている食品、もしくはサプリメントを摂って食欲の変化を確認するようにしましょう。

 

<関連記事>
あなたが太っているのは栄養不足が原因?ダイエットと栄養の関係性
ダイエット中は鳥ササミや胸肉ではなくレバーを食べるべき理由

 

食事間隔の問題

どうしても食事の間隔が6時間以上空くときには、可能であれば間食をするようにしましょう。

 

例えば、仕事の間でおにぎりやゆで卵などを食べれるのであれば、そうした栄養があるものを食べると良いです。もし仕事中の間食が難しいのであれば、仕事帰りにコンビニでチーズやナッツなどを食べると良いでしょう。

 

また昼食すら食べる時間がないのであれば、プロテイン入りの飲み物などを検討してください。

 

このように、あなたの仕事状況に合わせて、可能な範囲で食事の間隔が長くなりすぎないように工夫していきましょう。

 

<関連記事>
ダイエット中は15時のおやつを食べてはいけないのか?
痩せるためにダイエット中にできるだけ避けるべきものとは?
間食はこうやって選べ!ダイエット中の間食の選び方

 

自律神経・ホルモンバランスの崩れ

自律神経やホルモンバランスを崩す主な原因は、ストレスと睡眠不足です。そのため、まずはストレスと睡眠不足を見直すようにしましょう。

 

もしストレスが強いのであれば、定期的に趣味などでストレス解消すると良いです。

 

また、睡眠時間が足りていないのであれば、他の何よりも睡眠時間の確保を優先するようにしましょう。睡眠は、少なくとも7時間を目指すと食欲は落ち着いてきます。

 

<関連記事>
ストレスと睡眠不足だと痩せにくくなる理由
ダイエットを成功させたいのであれば睡眠を優先すべき理由
ダイエット中なのに寝不足で食欲が増したときの対処法
痩せるためには睡眠が重要!簡単に睡眠の質を高めるためのポイント

 

快楽性食欲

快楽性の食欲を落ち着かせるためには、「食欲を刺激するメデイアを断つ」「ながら食べを止めて食事に集中する」「食べた物を記録する(レコーディングダイエット)」「運動を習慣化する」といった方法が有効です。

 

例えば

 

・テレビの料理番組を見ない
・料理雑誌を目につく場所に置かない
・食べ物の情報が流れてくるSNSは見ない
・アプリを使って1日の食事内容を記録する
・食後の散歩を習慣化する

 

など、すぐにでも行えることはたくさんあります。おそらく「たったこれだけ?」と感じるかもしれません。しかし、たったこれだけでも食欲が落ち着くので、ぜひ実践してみてください。

 

<関連記事>
痩せたいなら「ながら食べ」を止めるべき理由
レコーディングダイエットって痩せるの?食事の記録がダイエットにつながる理由

 

代謝ダウンダイエッタータイプ

痩せない原因の2つ目のタイプは、「代謝ダウンダイエッタータイプ」です。

 

このタイプは、「代謝が落ちているために痩せられない」という人になります。

 

こんな人は代謝ダウンダイエッタータイプ

例えば、以下のような人は代謝ダウンダイエッタータイプだといえます。

 

周りと比べて食べてないし運動しているのに痩せない
・体温が低い
・長年食事制限をしている

 

以上に当てはまるのであれば、あなたは代謝が落ちているために痩せられない可能性が高いです。

 

代謝が落ちると痩せない理由

代謝が落ちると痩せないのは、自然と消費カロリーが少なくなるためです。

 

既に述べたように、体重は「摂取カロリー > 消費カロリー」となると増えます。そのため、代謝が落ちて消費カロリーが少なくなると、必然的に痩せにくくなるのです。

 

代謝が落ちる原因

一般的には、代謝が悪くなる原因は筋肉不足と考えられています。そのため、ダイエットをしている人の大半は、代謝を上げるために一生懸命筋トレをします。

 

確かに、筋肉が少ないほど代謝は低くなります。ただ、普通に生活していれば、痩せにくくなるほど筋肉が少なくなることはありません。

 

代謝が落ちる理由は、間違いなく食事です。特にダイエットをしているのであれば、食事量が少ないために代謝が落ちている人がほとんどです。

 

食事制限をすると、摂取カロリーが少なくなります。そうなると、体を動かすためのエネルギーが不足してしまいます。その結果、少ないエネルギーで活動できるように、代謝を落として消費カロリー量を下げるのです。

 

このように、代謝が落ちる原因は食事制限によるエネルギー不足になります。

 

<関連記事>
ダイエットのために少量しか食べてないのに痩せない理由

 

代謝ダウンダイエッタータイプのダイエット方法

代謝が落ちてしまっているのであれば、代謝を上げるために食事量を増やすしかありません。

 

よく「筋トレして代謝を上げる」と言う人がいます。しかし、食事が不十分でエネルギー不足となって代謝が落ちているのに、いくら運動しても筋肉はつきませんし、代謝も上がりません

 

代謝を上げるためには、十分な量の食事と栄養が必須です。

 

ダイエット食事バランス

代謝を上げるためには十分な量の食事と栄養が必須

 

例えば、成人女性であれば最低でも1500キロカロリーは食事から摂る必要があります。当然、いくら1500キロカロリーを越えていても、ビタミンやミネラルといった栄養素が欠けている加工食品やお菓子だと意味がありません。

 

エネルギーを作りだすためには、カロリーだけでなくビタミンやミネラルといった栄養素が必須であるためです。

 

そのため、代謝を上げるためには、当たり前ですが「バランスの良い食事」を「十分な量」食べることが必要不可欠になります。

 

このように、代謝ダウンダイエッタータイプであるなら、まずは食事を見直すようにしましょう。

 

<関連記事>
なぜ痩せるために食べなければいけないのか?ダイエットの前提条件
ダイエットのために少量しか食べてないのに痩せない理由
食べずに筋トレして代謝を挙げるという驚愕のダイエット方法

 

自律神経失調ダイエッターイプ

痩せない最後のタイプは、「自律神経失調ダイエッタータイプ」です。

 

ダイエット自律神経失調

 

このタイプは、「自律神経が乱れているために痩せられない」という人になります。

 

こんな人は自律神経失調ダイエッタータイプ

例えば、以下のような人は自律神経失調ダイエッタータイプだといえます。

 

・睡眠時間が短い(6時間未満)
・日々ストレスを感じている
・不眠や便秘、手足の冷えといった不調を抱えている
・休みの日に寝溜めしないと体がもたない
・とにかく仕事や家事が忙しい(食事や入浴の時間がゆっくり取れない)

 

以上に当てはまるのであれば、あなたは自律神経の乱れが原因で痩せられていない可能性が高いです。

 

自律神経が乱れると痩せない理由

また、自律神経が乱れると食欲が強くなります。また、自律神経の乱れは代謝の低下を招きます。

 

自律神経は、心臓や胃腸、肺などの運動をコントロールしています。自律神経が乱れると、こうした臓器の活動が落ちてしまい、基礎代謝が下がってしまうのです

 

このように、自律神経の乱れは、食欲と代謝に影響することで痩せにくくなります。

 

自律神経が乱れる原因と解消法

既に述べたように、自律神経が乱れる原因は、主にストレスと睡眠不足です。

 

そのため、もし自律神経失調ダイエッタータイプが疑われるのであれば、ストレスと睡眠不足を解消するようにしましょう。

 

自律神経を整える方法は、簡単にいうと「規則正しい生活を送る」ということです。

 

具体的には

 

・早寝早起きをする
・十分な睡眠時間を確保する
・3食食事を食べる
・適度に体を動かす
・ストレスを溜めすぎない

 

といった、当たり前のことをやるだけです。

 

ただ、自律神経の乱れを解消するには時間がかかります。そのため、こうした規則正しい生活を地道に続けることが大切です。

 

今回述べたように、ダイエットに失敗している人は主に3つのタイプに分けられます。

 

痩せない原因を考えずに食事制限や運動を頑張っても、疲れるだけでダイエットは上手くいきません。

 

そうしたことを避けるためにも、まずは3つのタイプからあなたに当てはまるタイプを見つけて、あなたが痩せない原因を突き止めるようにしましょう。

 

痩せない原因さえ見つければ、後はそれを解消するだけで、スルスルと体重は落ちていくのです。


Leafのダイエットプログラム詳細

熊本ダイエットプログラム

熊本ダイエットプログラム

今すぐの問い合わせはこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

熊本ダイエット相談

*HPからの申し込みであれば、通常6,000円のダイエット相談が無料です

ラインでも問い合わせ受け付けています

kumamoto diet

体質改善ダイエットサロンLeaf
住所 〒861-1112 熊本県合志市幾久富1909-1844(光の森)
最寄駅 光の森駅、武蔵塚駅、三里木駅
電話番号 096-288-2579
この記事をシェアする
Facebook Google+

予約状況を確認する

トップへ戻る